2017年10月06日

新・たけちゃんブログ764♪

皆さん、こんにちは☆
ブログマスター兼、クラブフィッター&パターフィッター、
TPI有資格者のたけちゃんです。


昨日は初めて「マッチプレー」を経験しました。実はたけちゃん、
運よく今年の倶楽部選手権(いわゆるクラチャン)予選ギリギリ
で通過
しちゃったんですよねダッシュ(走り出すさま)(16人の枠に入れず17位の
ウェイティング1番でラッキーなことに入れました。笑)


決勝はトーナメント形式なんですが、予選ドンケツのたけちゃん
予選トップ通過の現役大学生と当たるわけです。。しかも彼は
以前たけちゃんがフィッティングしているのでクラブセッティング
も完璧
ですふらふら(笑)


まぁサラッと負けちゃったんですが、どんな形であれ決勝に残れた
のは良かったです晴れクラブセッティングはもちろんですが、TPI
のトレーニング
を継続してしていることが間違いなくスイング改善
に繋がっていますパンチという事で、しっかりと継続していきたいと
思いますexclamation×2(たけちゃんの場合はリバース・スパイン・アングル
治したいためトレーニングに取り組んでおります。)


さて、たけちゃんのしょーもないゴルフのお話はこの辺にして
本日は愛読新聞からのネタです。セ・パ両リーグの優勝チーム
が決まり、クライマックスシリーズへと向かうプロ野球、その
球審はジャッジの正確さはもちろん、エンターテインメント性
も追い求めているそうですひらめき


確かに言われてみたら球審っていろんな「ストライクコール」を
しますよね。。とくに3ストライク目派手なコールをする方が
お客さんも盛り上がると思いますわーい(嬉しい顔)ということで本日は球審の
個性的なストライクコール』を調べてみましたぴかぴか(新しい)

球審2.jpg

こちらが王道の「パンチ型」と呼ばれるコール。ダイナミックな
パンチはボクサーもビックリですねるんるん(笑)

球審3.jpg

パンチ型」と似ているようで違うのがこの「弓ひき型」。イメージ
的には少しクールな球審がしてそうなポーズですねぴかぴか(新しい)

球審.jpg

そしてこれがそれらの動きから進化?したと言われる通称「exclamation×2
」と言えば昨年のJK流行語大賞に選ばれた言葉ですが、まさか
野球界でも使われていたとは・・・ちなみにこれを定着させたのは
敷田直人審判員ですわーい(嬉しい顔)


他にも有名な白井一行審判員独特の右手ポーズで雄たけび
上げます演劇(一部のファンは奇声と言っています。笑)また
真鍋勝巳審判員6回だけストライクのコールが変わる謎の
審判員の一人だそうですがく〜(落胆した顔)6回だけは天を見上げるコール
なるのですが、なぜ6回だけなのかという質問に対しては
ノーコメントだそうですわーい(嬉しい顔)(笑)


もちろんどの球審の方々も『正しく判定する』という事を第一
に考えられているそうですが、こういうサービス精神は本当に
素晴らしいでするんるん今後、もっと奇抜?なストライクコール
増えれば、球審を見に来る野球ファンも現れるかもしれませんね晴れ


ごめんなさい。本日は修理に追われちゃいましてこれ以上ブログを
書く時間がありませんあせあせ(飛び散る汗)すいませんが『フィッティングブログ
はお休みですバッド(下向き矢印)


今日はここまで。
またね手(パー)



ゴルフショップイシイ公式ホームページへ
posted by たけちゃん at 16:40| Comment(0) | 日記