2018年08月31日

新・たけちゃんブログ934♪

皆さん、こんにちは☆
ブログマスター兼、クラブフィッター&パターフィッター、
TPI認定インストラクターのたけちゃんです。


お盆明けからかなりゆっくりしていたフィッティング予約も
昨日から元のペースに戻ってきましたぴかぴか(新しい)昨日2件、今日が
1件、明日2件と気が抜けない日々が続いておりますダッシュ(走り出すさま)


フィッティング予約が少なかったこともあり、ここのところ
好調だったブログは更新回数が少し減るかもしれませんが、
頑張って書きますので9月も引き続きご愛読よろしくお願い
致します
グッド(上向き矢印)


さてそんな中、本日のブログは科学者たちにとって長年の
課題
であったアレについて調べてみました晴れいやいや・・
アレってなんだよ?って思った方、これですよexclamation×2

スパゲティ.jpg

そう、スパゲティであります。『おいおい・・科学者とか言う
からどれだけお堅い話かと思ったじゃね〜かむかっ(怒り)』と怒りを覚えた
そこのあなた、、この論争を舐めてもらっては困りますね。。


この問題は科学者たちの間では「スパゲティ問題」と言われ
長年議論されてきたそうですあせあせ(飛び散る汗)その問題とは『スパゲッティ
を完璧に2つに折る方法
』でありますひらめき


そもそも皆さんはスパゲティを半分に折ろうとしたことって
ありますか?やったことある方はお分かりでしょうが、何回
やっても3つかそれ以上の破片ができてしまうはずですがく〜(落胆した顔)


普通に考えるとスパゲティの束に力を加えると、それぞれの
麺が大きく湾曲して、限界に達したときに2つに折れる
考えますよね。外部からの力学的エネルギーが放出されて
湾曲が元に戻れば、麺が3つ以上に割れる理由はどこにも
見つからないわけですexclamation×2しかし、現実は半分どころか2つ
にも割れない
のですふらふら


この問題に理論的な説明を与えたのは2006年に発表された
フランスの物理学者2人による論文だったそうですグッド(上向き矢印)その論文
によると、麺が2つに割れたあとにたわみが戻って真っすぐに
なる過程で波のような動きが起こるため更なる割れが生じる
だとか・・ほら、結構お堅い話になってきたでしょ?(笑)


しかし、マサチューセッツ工科大学の研究チームがこの悩ましい
問題に取り組み、ナントッ、スパゲティをきれいに2つに折る
方法
を編み出したんだそうですぴかぴか(新しい)その方法とは・・「折るとき
に少しねじりを加える
」と言うモノです晴れ


もう少し詳しい話をすると、折れる前に270度以上ねじって
あった場合、スパゲティを完璧に2つに切断できるとか・・・
どうやら湾曲した麺が真っすぐになるときにねじりも元に戻って
いくのですが、これが波のような動きを沈める効果に繋がるんだ
そうですexclamationいや〜深いですねわーい(嬉しい顔)


そもそもこの研究はスパゲティと同じような構造をした素材や
壊れやすい物体において、亀裂がどのように生じて広がっていく
かを理解するうえで役立つかもしれないと話しています。例えば、
橋梁や人間の骨といったものですグッド(上向き矢印)スパゲティの謎を解くことで、
別の秘密の解明につながるなんて何だか面白いですねるんるん


という事で、冒頭でも述べましたがフィッティングに加え、月末
作業
に追われますので本日はここまでとさせていただきますダッシュ(走り出すさま)
8月最終日ですがまだまだ暑いですので皆さん、体調には十分
にご注意下さいね
exclamation×2


今日はここまで。
またね手(パー)



ゴルフショップイシイ公式ホームページへ
posted by たけちゃん at 09:52| Comment(0) | 日記