2018年10月04日

新・たけちゃんブログ949♪

皆さん、こんにちは☆
ブログマスター兼、クラブフィッター&パターフィッター、
TPI認定インストラクターのたけちゃんです。


昨日は「四国新聞社」主催の『クローバーカップ』に参加
してきました。この大会は4人の団体戦で上位3名のネット
スコアで順位を決定する競技なんですが・・・今年初出場
ながら予選ラウンドで優勝しちゃったんですよねぴかぴか(新しい)

クローバーカップ.jpg
(プライバシーの観点からモザイクをかけております。)

決勝ラウンドは今月24日(水)にサンライズヒルズカントリー
クラブ
で行われますのでこちらでも上位目指して頑張ろうと
思いますわーい(嬉しい顔)(←余談ですが、まさか決勝に行くなんて思って
いなかったので休みを取っていませんでした。笑)


詳しくは本日(10月4日)の四国新聞、スポーツ欄に掲載
されておりますので興味のある方はぜひご確認下さいるんるん


さて、それではここからが本日の本題です。スポーツにおいて
どの競技にも当てはまるのが名選手が必ずしも名監督やコーチ
になれない
という事ですexclamation×2つまり指導者というのはある意味で
コーチ業』という別のくくりに属すると言っても過言では
ないわけですパンチ


本日はそんなコーチ業に特化した新宿区山吹町にある今年4月
にオープンした『卓球処やまぶき』をご紹介しようと思います晴れ
ここの取り組みはゴルフ業界にとっても良い例と言えるでしょうグッド(上向き矢印)


オーナーの佐久間さんは現役選手として関東学生リーグで
プレーしていたのですが、その傍らで卓球コーチもしていた
そうです。10年近くコーチを続ける中で、コーチに関する
ノウハウ
が自分の中で蓄積されてきたとのことで、独立して
卓球処やまぶき』をオープンしたのですぴかぴか(新しい)


たけちゃんがこの『卓球処やまぶき』の面白いと感じた所は、
卓球に関する感覚や基礎的な打ち方について、理論や原理から
教えてくれる
点です。この理論や原理の伝え方が他の卓球場と
大きく異なる
ところだそうですexclamation

卓球2.jpg

例えば、ラバーでボールをこすり回転をかける感覚は、初心者
には分かりづらい
はずですバッド(下向き矢印)そこで、グリップから先が曲がる
ようになっている「しなるラケット」を使って、回転をかける
感覚から伝えているとのことダッシュ(走り出すさま)


またブロックの感覚を伝えるために、まな板にラバーを貼り
合わせた物
を持たせてあげたり、ドライブやチキータの感覚は、
ゴルフボールを置くティーにプラボールを置いて、止まった球
に対して打ち方を教えるなどあらゆる自作の小道具を駆使して、
最初に適切な卓球の感覚と癖を体で覚えさせているそうですわーい(嬉しい顔)

卓球.jpg

ゴルフでもそうですが、例えばフェードを打ちたい!という人
オープンに構えてアウトサイドインに振りなさい!と言っても
イマイチ理解できないと思います。まずなぜオープンに構える
のか?そしてクラブが外から入ってインパクトすることでボール
どういった回転がかかるからフェードになるのか?ここまで
説明してくれるコーチは少ないかもしれませんもうやだ〜(悲しい顔)


そういう意味ではこういう取り組みは原理を理解すると同時
に技術が身につくので頭と身体のギャップが簡単に埋まるはず
ですグッド(上向き矢印)佐久間さんは様々な独自の取り組みを行い、卓球の技術
に悩んでいる人に対して分かりやすく理論を教える工夫を日々
凝らしています。つまり卓球のコーチ業を追求し続けていると
言っても過言ではないのですパンチ


たけちゃんもこの記事を読んで、もっとお客様にとって分かり
やすいフィッティングを追求しないといけない!
と感じました。
ゴルフの裾屋を広げるためにも、もっともっと知識の引き出し
増やして、いろいろなお客様に最良のアドバイスが出来るよう
に精進して参りますので、引き続きよろしくお願い致します手(チョキ)


あらら、珍しく真面目なブログにしちゃいましたね。ちょっと
長くなっちゃいましたので『フィッティングブログ』はお休み
させていただきますふらふらごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)


今日はここまで。
またね手(パー)



ゴルフショップイシイ公式ホームページへ
posted by たけちゃん at 19:05| Comment(0) | 日記