2019年03月15日

クラブフィッターたけちゃんブログ31♪

皆さん、こんにちは☆
ブログマスター兼、クラブフィッター&パターフィッター、
TPI認定インストラクター、ゴルフラボ公認エンジニア、
ユーチューバーのたけちゃんです。


ついに・・ついに昨日よりたけちゃん主演?のユーチューブ
ズバババGOLF』にCM広告が入りだしましたわーい(嬉しい顔)やっと
ユーチューバーとしてのスタート地点に立つ事が出来た気が
します。基本的には1週間に1本ずつ更新していきますので
引き続き見ていただけたら嬉しいでするんるん


さて、そんな本日は愛読新聞からのネタです。京都市左京区
のロームシアター京都の敷地内に巨大なこけしのバルーン
寝転び、「インスタ映えする」とインターネット上で話題に
なっているという情報を仕入れましたひらめき一体、どんなこけし
なのでしょうか?詳しく調べてみましたダッシュ(走り出すさま)

花子1.jpg

こけしの名前は「花子」で全長は12.5m、京都工芸繊維
大出身の木崎公隆さんと京都造形芸術大出身の山脇弘道さん
のアートユニット『Yotta(ヨタ)』が2011年に
制作したそうです。


実は20年の東京五輪・パラリンピックに向けて発信する
京都文化力プロジェクト」の一環で、市や京都府などの
実行委が2月16日から展示していました。周辺がゴール
となった17日の京都マラソンに合わせて24日まで立った
状態
だったのですが、28日から現在の寝かせた状態に・・
なぜ急に寝かせてしまったのでしょうね?

花子.jpg
(立っていたときの『花子』晴れ)

この背景には京都市らしい理由があったのですexclamation×2それは
市の条例が定める風致地区で景観への配慮が必要という
モノだったのですあせあせ(飛び散る汗)市の担当者によると「巨大なものを
長期間立った状態で設置するのは前例がなく難しい
」との
こと。。う〜ん、非常に難しい問題ですねふらふら


ただ、結果的にはその寝ている姿が話題となってわざわざ
遠方から見に来る人もいるのだとか・・ケガの功名?とは
言え、やはり作者からは「条例があいまいだ」と疑問の声
があがっております雷


最後にこけしの写真を撮影していた京都市左京区の大学生
大人びたコメントをご紹介して『フィッティングブログ
に移行致しましょうダッシュ(走り出すさま)

芸術なのに世知辛いですね。

確かに・・。(笑)


『たけちゃんの次世代フィッティング!』

お客様     Hさん
愛用ドライバー  XR
(シャフトはオリジナルカーボン 5S)  
振動数   243CPM  

悩み      『ドライバーがうまく当たらない』

H.jpg

シャフトオプティマイザー(スイング測定器)による診断結果
 ドライバーヘッドスピード       43
 スイングテンポ              
 トゥダウン                
 前反り角                  
 しなりスピード              


Hさんはドライバーがうまく当たらないので見て欲しい!
愛媛県からご来店下さいましたexclamationという事で早速、全て
のクラブの振動数
を測定してみました。

データを確認すると、ドライバーがややアンダースペック
アイアンがオーバースペックとなっていましたあせあせ(飛び散る汗)ただ、
今回はとにかくドライバーを何とかしたいという事でした
ので、1Wに照準を絞ってお話させていただきましたexclamation

オプティマイザーの数値から今より先端が硬めのモノが
良いですよ!とアドバイスし、スピーダーエボW 5SR
を打っていただいた所、思った通り打点位置が真ん中に
集まり飛距離も伸びましたぴかぴか(新しい)

Hさんにも納得いただき、ありがたい事に同シャフトに
リシャフトしていただきました手(チョキ)


まとめ  Hさんの最適クラブはこれだexclamation×2      
ドライバーシャフト     スピーダーエボW 5SR
振動数           248CPM


今日はここまで。
またね手(パー)



ゴルフショップイシイ公式ホームページへ
posted by たけちゃん at 12:16| Comment(0) | 日記