2018年03月27日

新・たけちゃんブログ852♪

皆さん、こんにちは☆
ブログマスター兼、クラブフィッター&パターフィッター、
TPI認定インストラクターのたけちゃんです。


明後日から富山に出張しますので、2,3日ブログを更新
する事ができませんふらふら明日もバタバタする恐れがあります
ので、久々に深夜更新と行きましょう夜


本日はたけちゃん愛読新聞(朝日新聞)からのネタです。春の
選抜高校野球が始まりましたねグッド(上向き矢印)仕事をしながらテレビに
夢中
なたけちゃんですが(←集中して仕事をしろ。。)24日
の第3試合
はかなり興奮しましたわーい(嬉しい顔)


21世紀枠で出場した膳所高校滋賀県屈指の進学校
あります。ちなみに2016年度の京大合格者数は全国
2位の66人を誇る超名門進学校なのですがく〜(落胆した顔)対する相手
は甲子園常連校の日本航空石川・・結果だけ見ると両校
の地力の差が点差に表れた形となったのですが、最も注目
すべきはポイントは膳所高校の極端な守備陣形でしたexclamation×2


進学校らしく野球部の特長は「データを使いながらの守備
の位置取り
」です。昨年4月には「データ班」が創設され、
野球経験がない専門部員が「R」という統計ソフトなどを
使いダイヤモンドを198分割して、対戦校の打球位置や
角度などを管理し分析
しているのですあせあせ(飛び散る汗)おいおい・・これ
リアル『もしドラ』かよ(笑)

膳所高校.jpg

対戦相手・日本航空石川についても、昨秋の明治神宮大会で
行われた2試合のテレビ映像を入手し、研究に研究を重ね、
打球傾向や気象データを加えて守備シフトを敷いたのです。
例えば三遊間に三塁手のみ、左中間に左翼手のみなど、極端
なシフト
でスタンドをどよめかせました雷


実際に効果はてきめんで、この日も日本航空石川打線の痛烈
な打球の多くが、シフトを敷いた膳所野手陣の正面に飛んだ
のですexclamation×2漫画の世界のような『データ野球』に、ネットは
大反響・・「打球が野手に吸い込まれる」や「データ野球が
すごすぎる
」、さらに「データ班が優秀すぎて鳥肌が立った
絶賛の声が殺到し、「膳所高校」がSNSのトレンドワード
に入ったほどですぴかぴか(新しい)


ちなみにこの膳所高校のデータ班は男女1人ずつの2人で、
ユニホームもなく、当然ながら練習にも参加しないとの事
・・パソコンを活用して、対戦校の打球方向の傾向などを
分析
し、選手に伝えるのがメインの仕事だそうですひらめき

膳所高校1.jpg
(この2人が膳所データ班の高見遥香さんと野津風太さんです。)

このブログで以前ご紹介したことがありますが、この膳所高校
が採用したデータは近年メジャーリーグで主流となりつつある
セイバーメトリクス』と言われる統計学を参考にしたもの
でありますグッド(上向き矢印)(←詳しくは『新・たけちゃんブログ578♪』参照。)


日本のプロ野球はまだ哲学野球を大事にすることもあり、この
手法をあまり重要視しておりませんが、高校野球、ましてや
甲子園で『セイバーメトリクス』を証明できたという事は日本
の野球界において大きな一歩を踏み出したと言っても過言では
ありませんパンチ個人的には膳所高校が今以上のデータと実力を
つけて夏に甲子園に戻ってきてくれることを期待しております晴れ


すいません。。もう明日になっちゃいましたたらーっ(汗)かなり眠たい
ので『フィッティングブログ』をサボらせていただきます。。
ごめんなさいバッド(下向き矢印)


今日はここまで。
またね手(パー)



ゴルフショップイシイ公式ホームページへ
posted by たけちゃん at 00:26| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。