2018年04月09日

新・たけちゃんブログ858♪

皆さん、こんにちは☆
ブログマスター兼、クラブフィッター&パターフィッター、
TPI認定インストラクターのたけちゃんです。


イベントも一段落し、先週よりは落ち着いてきておりますが、
まだまだ本腰入れてブログを書くという所までは戻ってきて
おりません。(←いや、お前いつ本腰で書いたことがあるんだ?)
先週いただいだ修理予約の片づけや、土日にご注文いただいた
シャフトの手配など、もう少しだけバタバタする感じですあせあせ(飛び散る汗)


予定では今週末あたりからはゆっくりとブログを書く時間
出来ると思いますので、大変申し訳ありませんがそれまでは
フィッティングブログ』はお休みさせていただきますバッド(下向き矢印)


さて、それでは本日の本題です。『女は大学に行くな、
神戸女学院大学がこの4月から掲出している電車内広告に、
「電車の中で泣きそうになった」「ぐっとくる」といった
声が寄せられているそうですexclamation×2

女.jpg

前半部分だけ読むと一瞬ドキッとするキャッチコピーですが、
続きまで読むと「女は大学に行くな、という時代があった
という1文であることが分かる仕組みになっております。


イラストなどは一切使っていない、文字だけのシンプルな広告
であるにもかかわらず、ツイッターではこのメッセージに対し
「かっこいい広告だなあ」「まじまじと読んだ」など、多くの
好意的な反応が寄せられましたぴかぴか(新しい)


確かにたけちゃんの祖母の時代なんかはそういう事を当たり前に
言っていたというのを聞いたことがあります。今、こんなことを
言うと完全に時代遅れになってしまいますが、その当時はそれが
当たり前であり、もっというと美徳であったのかもしれません。


このメッセージを読んでたけちゃんが最も納得した一文は5行目の
正解がない」という言葉です。こんなことを言うと批判が出ると
思いますが、残念ながら今でも前半部分の考え方が正しいと思って
いる方は決してゼロではないと思いますexclamation×2そしてそれは明らかに
時代遅れではあるものの100%間違いとは言い切れないのですふらふら



でも、どんな状況になっても『学んだこと』は決して損にはならない
と思いますexclamation×2この広告の深い所はどういう人生を歩むにしても学ぶ
事でより自分を見つめて欲しい!というメッセージ性を持たせている
点だと思います晴れ


おっとっと・・ガラにもなくアツく語っちゃいましたね。。疲れて
るのかなたらーっ(汗)(笑)それでは最後にこの広告を作成した担当者さんの
思いをご紹介して本日のブログを終了することに致しましょう。

何事にも正解を見いだしにくい今の時代だからこそ、本学が志向
するリベラルアーツ教育の意味があると考えます。そして、大学
時代だけでなく、その後の人生においても学び続けてほしい
願っています。


あぁ・・すごく良い言葉ですねもうやだ〜(悲しい顔)このブログで紹介するのが
勿体ないくらいです(笑)


今日はここまで。
またね手(パー)



ゴルフショップイシイ公式ホームページへ
posted by たけちゃん at 15:37| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。