2018年10月11日

新・たけちゃんブログ952♪

皆さん、こんにちは☆
ブログマスター兼、クラブフィッター&パターフィッター、
TPI認定インストラクターのたけちゃんです。


本日はまず今朝の出来事です。7時30分ごろ・・スヤスヤと
眠っているたけちゃんのもとに高松カントリー倶楽部から電話
がなります。こんな早くから何だろうと思い、電話を取ると
クラチャンの決勝で一人欠場が出ましたからウェイティング
で石井さんの番に回ってきました。スタートは8時40分です。
来られますか?



まぁこの雨ですから欠場が出るのは仕方ないですが、さすがの
たけちゃんも寝起きの約1時間後になんの準備もしていない
状態でゴルフをするほど元気ではありませんたらーっ(汗)ましてや決勝
のマッチプレーという完全に「かませ犬」状態のたけちゃん
・・・・非常にありがたいお話でしたが丁重にお断りさせて
いただきましたふらふら(笑)


さて、それではここからが今日の本題です。10月7日(日)に
行われたシカゴマラソンで大迫傑選手2時間5分50秒
日本記録を樹立しましたぴかぴか(新しい)今年2月の東京マラソンで設楽悠太
選手
が日本記録を16年ぶりに塗り替えたのは記憶に新しい
ですが、大迫選手はもう1ランク上に行ったことになります晴れ

大迫.jpg

彼が日本人初「2時間5分台」を実現したのにはいくつか
理由があると言われていますが、たけちゃんが面白いなと
感じた点は3つです。まずは彼が「ナイキズームヴェイパー
フライ4%フライニット
」という『魔法の厚底シューズ』を
履いていたという点ですひらめき


このシューズについては今年の1月にたけちゃんのブログで
論じていますが(←詳しくは『新・たけちゃんブログ808♪』)
このシューズは昨年末大ヒットしたテレビドラマ「陸王」を
真っ向から否定する設計となっておりますがく〜(落胆した顔)


この点に置きましては前述した通り、以前のブログで書いて
おりますので割愛させていただきますが、今回の大迫選手の
活躍がさらなるアウトソール論争を過熱させる要因となるのは
間違いありませんexclamation×2


2つ目は彼が(国内でしか評価されない駅伝に明け暮れている
日本人選手とは)マラソンへの取り組み、考え方のスケールが
違う
という点ですパンチそもそも彼はオレゴンを拠点としており、
日本の実業団チームに属していないので、当たり前と言えば
当たり前なのですが、専門家によるとどうもこの(日本特有の)
駅伝が選手に悪いクセを植え付けているとの事なのですあせあせ(飛び散る汗)

駅伝.jpg

日本人は腕時計でラップタイムを確認しながら走る選手が多い
です目これは間違いなく駅伝でついたクセですが、そもそも
駅伝は基本的に単独走であります。しかし、マラソンの場合は
集団でレースが進むのでペースが速いと不安になり、遅いと
イライラしてしまう
わけです雷過剰にタイムを意識しすぎると
精神的に疲労してしまうのです雪


その点、大迫選手はこう語っています。「(前略)勝負に徹して、
記録のことは忘れて走るつもりです。持っている力を出すこと
ができれば好タイムは出ると思っています。
」ちなみに彼が
タイムを意識するのは40キロを過ぎてからだそうですグッド(上向き矢印)


3つ目は何より彼が日本人には少ない『フォアフット走法
で走っているという点でしょうぴかぴか(新しい)マラソンで速いランナーが
多いエチオピアやケニアの選手の多くはこの走法で走って
いるのですが、日本人は海外のランナーと比べ、骨格の違い、
筋肉のつき方や筋肉の質に違いがあるため、簡単に習得する
ことは難しい
と言われていますふらふら


何はともあれ、来年3月の東京マラソン大迫選手と設楽選手
の両者がエントリーする予定になっておりますグッド(上向き矢印)この直接対決
良い意味で水を差す選手が現れたらますます面白くなりそう
ですね手(チョキ)


すいません。。マラソンネタになると無駄に長くなるのが
たけちゃんの悪いクセですね(笑)ということでお分かりだと
思いますが『フィッティングブログ』はお休みです雪


今日はここまで。
またね手(パー)



ゴルフショップイシイ公式ホームページへ
posted by たけちゃん at 14:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。