2018年10月26日

新・たけちゃんブログ960♪

皆さん、こんにちは☆
ブログマスター兼、クラブフィッター&パターフィッター、
TPI認定インストラクターのたけちゃんです。


今月末から来月中旬までたけちゃん自身、目が回りそうな位
イベントが盛りだくさんです。本日はまずそれらのイベントの
お話からですグッド(上向き矢印)今月29日(月)に開催する弊社主催、ゴルフ場
貸し切りコンペ『フレンドシップゴルフ大会』はありがたい事
に定員に達しました。参加していただけるお客様はぜひ優勝か
イシイ賞
(141位)目指して頑張ってくださいねわーい(嬉しい顔)


来月は3日にたけちゃんの母校の由緒あるコンペ『坂高会』が
ありますし、4日は以前のブログでもご紹介した『南秀樹プロ
レッスン会
』(←詳しくは「新・たけちゃんブログ956♪」参照。)
を開催致しますぴかぴか(新しい)南プロのレッスン予約は午後からの枠が若干
空いておりますので、興味のある方はお早めにご連絡くださいるんるん


まだあります。その週の木曜日(8日)はあのアイアンヘッド
で有名な「三浦技研」さんの新商品発表会&工場見学として
兵庫県に出張致します車(セダン)普段は見ることの出来ない職人さん
たちの素晴らしい手さばきを見て、ちょっとはたけちゃんも
職人気質になれるように頑張りますパンチ(←多分無理だな。。)


ということで、来月の3日、4日、8日、9日(←9日は旅行
します。笑)はフィッティング予約を受け付ける事が出来ませんふらふら
あらかじめご了承くださいあせあせ(飛び散る汗)(←フィッティング予約可能日は
弊社ホームページのトップページに記載しておりますので
そちらをご覧ください。)


ということでかなり長い前置きが終わった所で、本日の本題
に移る事に致しましょうダッシュ(走り出すさま)(←ほんま長いな。。)10月21日
に開催された全日本実業団対抗女子駅伝予選会で、骨折し四つん
這いで流血
しながらゴールした選手や、脱水症状で逆走する選手
などアクシデントが続出したことが批判に晒されていますねふらふら

リレー.jpg

しかし一方で「何がなんでもゴールしたい」と自分の身を犠牲
にしてまで続けようとした選手を「感動した」と称賛する向き
もあります。果たして何が正解なのでしょうか?本日はこの問題
を1984年のロサンゼルス・オリンピックで伝説のマラソン
ランナー
となった『ガブリエラ・アンデルセン』と重ね合わせて
考えることに致しましょうひらめき


まず彼女をご存じない方のために少しだけ補足しておきます。
彼女は脱水症状でまっすぐに歩くことすらできない状態で、
制止するスタッフを振り切って走り切った女性アスリートですexclamation×2
その当時、絶賛された彼女が当時の状況を選手の視点から語った
ミニドキュメンタリーがオリンピック・チャンネルにアップ
されています。私たちはスポーツの何に感動し、感動すべき
ではないのか?そして何が選手を追いつめ、何をサポートする
べきなのか?
その答えは彼女の言葉をどう捉えるかで変わって
くるような気がします。以下、その言葉をご覧ください。

アンデルセン.jpg

「あのレースは、開催される前に小さな式典があり、かなり
 特別なものでした。国旗が掲げられ、初めての女子マラソン
 だとアナウンスがありました。なので、オリンピックで走る
 ということ以外に、史上初の(五輪での女子)マラソンに参加
 できるということでも、このレースが特別なものだと感じて
 いました。(中略)女子のレースを開催すると決めたことが
 良い決断だったということの証明ですよね。長距離走に参加
 する女性の背中を押してくれているのですから。」

というのも当時の考え方として『女は長距離なんかできない』と
いう概念があったそうですバッド(下向き矢印)こう否定され五輪で競技すること
さえできなかった女子マラソン選手たち・・失格者が増えれば
ほうら見たことか」と言われるに違いないと思い、競技以上
のプレッシャー
がかかっていたのですあせあせ(飛び散る汗)


もちろん、科学的な最大の原因は当時の給水回数が少なすぎた
という事でしょうが、自分の記録以上の何かを背負って走る
場合は肉体を超えた何かが良くも悪くも身体を支えてしまう
のかもしれませんexclamation×2


ガブリエラ・アンデルセンとは違うプレッシャーだったとは
いえ、先日の駅伝選手も自分が完走しなければ仲間もろとも
ゴールできなくなる
というプレッシャーに晒されていたのは
事実です。どちらの女性にも共通するのは「肉体<目的」と
いう構図・・・身体を犠牲にしてまで目的を達成する必要は
ないと思いますが、その行為に『感動を覚える』というのは
皮肉なもの
ですもうやだ〜(悲しい顔)


本人たちが自ら進んで肉体を競技に捧げようとしているとき、
私たちは後押しをするべきなのか、しないべきなのか?・・・
この答えに完璧な回答はないと思いますが、たけちゃん自身は
監督や関係者への安易な批判はするべきでないと感じましたexclamation×2
おそらく今後もこういった状況は少なからず起こるはずです。
批判するのは簡単ですが、そんなことよりも次につながる議論
を深めて欲しいですねひらめき


あ〜やっちまったあせあせ(飛び散る汗)夢中で書いてたらこんなに長い文章
なってしまいました。。これはイキヌキ(←カタカナやめろ。)
どころではありませんねふらふらさっさと工房に戻って修理します。
来週あたりからボツボツ『フィッティングブログ』を再開
しますのでお楽しみにるんるん


今日はここまで。
またね手(パー)



ゴルフショップイシイ公式ホームページへ
posted by たけちゃん at 12:27| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。